コンパクトボディに、ハイパワーを秘めたVPX-500A。小型犬から大型犬まで多彩なニーズに柔軟に応えます。

特長

クラスを超えた大容量X線管を搭載

大型犬も余裕でカバーする、最大出力125kV 250mAの大容量X線管球を搭載。上位機種VPX-200に匹敵する強力なパワーで、短時間撮影を可能にしました。

2⽅向のスライド天板で、広範囲な撮影が可能

1250×600mmのワイドな天板が、左右に±200mmスライドします。動物を動かすことなく容易に広範囲の撮影が可能です。体重70kgの⼤型⽝でも、余裕をもって対応します。

シンプル操作の、らくらく条件設定パネル

独⾃のイージーオペレーションを継承しました。撮影条件の設定は、操作パネルのキーを押すだけです。撮影条件を変更したい場合、マニュアル操作で簡単に⾏えます。

X線管球部を大幅にコンパクト

管球、スターター、発⽣器の⼀体化によって⾼圧ケーブルが不要となり、すっきりしました。

仕様

定格
  • 撮影管電圧
  • 40〜125kV
  • 撮影管電流(最⼤)
  • 250mA
  • 撮影mAs
  • 0.4〜10.0mAs
  • 撮影時間
  • 0.005〜0.04sec
電源入力
  • 単相
  • 100V 1.1kVA 50-60Hz
  • 接地工事
  • D種接地工事
X線撮影台
  • 天板寸法
  • 1250×600mm
  • 高さ
  • 810mm (床面から天板面)
  • 天板長手ストローク
  • 左右200mm
  • 天板ロック方式
  • オフロック電磁式
  • カセッテトレイ
  • 引き出し式カセッテトレイ 1枚パーク
  • 使用カセッテ
  • (最大)半切〜(最小)六切
  • グリッド
  • 内蔵
フットスイッチ
  • 2段式
オプション
  • ハンドスイッチ
  • 2段式押しボタンスイッチ(デッドマン方式)
  • 改良のため仕様・外観の⼀部を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。
  • システムの安定稼動のために、年間の定期点検、保守契約をお勧めします。

小動物専用X線診断装置 VPX-500A 農林水産省指令20動薬第1149号
X線撮影台 VPT-80RS形 22動薬第4153号
製造販売元 アールテック株式会社 神奈川県横浜市金沢区福浦2丁目4番地1

キヤノンメディカルシステムズグループ
  • CT

    「さらに細かく」を追求することで、画質向上と検査時間短縮、被ばく低減など多くの臨床的有用性が創出されます。

  • MRI

    MRIはAI時代へ。患者さんへの優しさを第一に考えて、より早く、確実、快適な検査を行うために技術革新・臨床研究を進めています。

  • 超音波診断機器

    精密な検査から日常診療におけるファーストチョイスの検査まで、幅広いニーズにお応えする次世代の超音波診断装置ラインナップ。

  • X線撮影装置

    最新鋭のFPDを搭載したフルデジタルシステムからコンパクトで操作性に優れたタイプまで、豊富なラインナップを取り揃えています。

  • 医用画像処理
    ワークステーション

    膨大なデータでも、高速プロセッサを用いた独自レンダリング技術でストレスのない三次元画像の描出を可能とします。

お問い合わせ

経験豊富なスタッフがお答えいたします。お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5805-1221