資料請求
お問い合わせ
会社概要
トップページ


関連製品のご紹介
HA301-K
トップページ 介護機器 骨伝導音声増幅器 HA301-K

骨伝導音声増幅器 HA301-K

「耳」に頼らない新しいコミュニケーションツール登場!
今までの一般的な音声増幅器とは違い、聞きづらい音を直接骨伝導の原理で「骨伝導スピーカー」が聞きたい人の声をやさしく伝えます。もちろん騒音の中でも威力を発揮します。
骨伝導音声増幅器 HA301-K
   
●こんな悩みを抱えていませんか。
自分の声が大きくてまわりの人がこまっている。人の話を何度も聞き返してしまう。TVやラジオの声が聞きづらくてついボリュームを上げてしまう。話が聞き取りにくい時がある。こんな時便利です。

●高出力骨伝導スピーカー採用で耳を塞ぎません。
骨伝導スピーカー部を軽くこめかみ近くに当てるだけで音が聞こえます。耳を塞がないので、長時間の使用にも疲れず快適です。工事現場、ライブハウスなどでまわりの音や音楽を聴きながらコミュニケーションが取れます。オーディオ機器などに接続、ながら族も空いている耳で他の情報を逃しません。

●良質な音質、快適な使用感で疲れません。
長年の当社独自のテクノロジーを生かし、通常の大口径スピーカーに匹敵する優れた音質を実現。近くの新聞紙などガサガサした耳ざわりな雑音を拾う事もなく自然な音質で疲れません。

●会話、TV、電話の1台三役に使えます。
手持ちで通常の会話を、別売のヘッドセットでヘッドホンのように使用も可能。また、テレビなどに接続すればご自身の好みに応じたボリュームで番組が楽しめます。電話の音声も聞きやすくなります。
※イヤホン端子は使いません。

●軽量、コンパクトでしかも簡単操作。
軽量コンパクトで持ち運びが便利、しかも簡単操作でどなたでもご使用になれます。また、充電可能なリチウムイオン電池を内臓し、1回の充電で約10時間も使用可能。
  きくちゃんパンフレット
カタログ画像をクリックしますと、拡大表示されます。

●こんな方におすすめします
きくちゃんの使用例画像

●本体定格・仕様
一般定格  
基準周波数 1600Hz
出力

最大130dBμN
スピーカー 110dBμN VR:中央 Input:60dB SPL


アンプ部
 
最高出力 400mW(Load:8Ω THD10%)
電圧利得 62dB
周波数特性

500Hz:-8dB, 2.5kHz:2dB, 5kHz:-5dB

出力制限 AGC
動作電圧 3.7V
電池 800mAH リチウムイオン
タイムアウトタイマー 約2時間
充電警告 3.5V±0.1V LED表示

スピーカー部
 
方式 マグネチック骨伝導
インピーダンス
感度 104dB±4.5dB
0dB=1μN/1mW
最大入力 500mW

骨伝導増幅器